●山頭火の世界 

hana1002.gif (7241 バイト) hana1002.gif (7241 バイト) hana1002.gif (7241 バイト)

(BGMはショパン作曲ノクターン20番「戦場のピアニスト」)


私が会社を去るときの挨拶文に「山頭火のような生き方がしたい」と書いたが、とてもそんな放浪生活はできなかった。しかし、いまも憧れはある。このページはそんな気持ちを彼の一句に託したい。しばらく彼の句を愉しみたい。         (なお、写真は句のイメージを)

santoka.jpg (7972 バイト) 明治15年12月3日山口県防府市に生まれる。本名は種田正一。早稲田大学文学科中退後、大正12年より自由律俳句の荻原井泉水に師事し、山頭火と号し、層雲を出句する。
その後、生家の酒造り業の破産や父弟の死にあい、大正14年に熊本報恩寺にて得度。妻子を捨て,世間を捨て,生涯にわたる行乞流転ので人生を送り,自然と一体になり,自己にいつわらず,自由に一筋の道を詠いつづけた彼は,生涯約八万四千句を詠み捨てた。昭和15年10月11日没。享年59歳

 

 すずしさや竹の葉風の
     風鈴のよろしさ  
(8/18)

                                   (熊本市野田町にて) 

081801.jpg (80250 バイト)


 雪折れの水仙のつぼみ
     おこしてやる  
(2/10)

                                   (防府市本橋町にて) 

021001.jpg (63777 バイト)


師走の空のしぐれては月あかり
                              (12/15)

                                                 (詠み場所しらず) 

121501.jpg (16552 バイト)


 炎天つきあたる山があをあを
                          (8/24)

                                         (熊本市野田町にて) 

082401.jpg (70992 バイト)

 

 蝉しぐれ 飲むな
  飲むなと熊蝉さけぶ 
                           (7/25)

                                   (防府市本橋町にて) 

072501.jpg (93905 バイト)


 日ざかりのお地蔵様の
   顔がにこにこ
 (6/21)  

                                   (中津市枝町近松寺にて) 

062101.jpg (107409 バイト)

 

 育ててくれた野は山は若葉(3/8)  

                                   (熊本市野田町にて) 

030801.jpg (46399 バイト)


home3.gif (835 バイト) (トップページに戻ります)